現場力一流塾本講座第1期生基礎工事品質確認テスト

平成26年8月20日現場力一流塾本講座第1期生 東京会場品質管理研修後、基礎工事に関する品質確認テストを実施しました。

基礎工事に関する品質確認テスト

品質管理研修後、基礎工事に関する品質確認テストを実施しました。
出題50問で40問正解(80点以上)以上が合格です。このようにして一流の現場監督(プロ)を育成します。
社員を教育すれば会社は発展します。企業はひとなり! 究極の差別化は人です。

現場力一流塾本講座第1期生基礎工事品質確認テスト

品質確認テスト結果

80点以上合格15人、不合格7人
不合格者は次回11月研修時に再テストとなります。
※一流の現場監督とは、以下をご覧ください。

品質確認テスト結果

一流の現場監督とは

■顧客が感動する現場を作れる人

(顧客が感動する現場)

  • 整理整頓、清掃、養生等で一流の現場を作れる
  • 身だしなみ・マナーの良い職人を育成できる
  • 顧客に仕事の説明ができる職人を育成できる
  • 顧客からの質問に答えられる職人を育成できる
  • 会社の良い点を顧客にアピールできる職人を育成できる
  • 工事現場がショールーム化されている(現場の美化・来場者への対応)

■安全管理ができる人

(現場のショールーム化)

  • 自分の現場では事故を絶対起こさないという意識をもって、現場管理をしている(重大災害が起きると➔お客様の不満・現場ストップ・遺族補償など・・・)
  • 安全基準(ヘルメット着用・墜落防止など)を守らない関係者に対して、指導監督ができる。※現場監督として業者指導の第一関門

■確実な工程管理ができる人

(生産性向上)

  • 着工時に工程表を作成し、常に予定・実績管理が行われており、定期的な連絡を行っている(工程表を誰が見ても、一目で進捗状況がわかる)
  • 各工事が遅れた場合工期挽回の処置ができ、突貫工事を行わず約束工期が守れる
  • 適正な品質を作りこむ工程管理ができる
  • 常に工期短縮を心掛け、生産性を高めている

■厳密な利益管理ができる人

(利益率向上)

  • 着工時に全ての発注原価を確定(実行予算)し、業者に発注書を発行している
  • 着工から引渡までの原価流出がほとんどない
  • 常にコストダウンを心掛け実行している(納まりと部材の標準可、仕入原価、メーカー折衝・・・)

■厳正な品質管理(検査)ができる人

(顧客満足の原点)(原価流出防止)

  • 重大欠陥防止(雨漏れ、基礎と外壁のひび割れ、建物精度)各検査の実行と手直し完了が確認され、その証拠が残っている
  • お客様最終立会い時、残ダメ工事が全て完了している
  • 入居後の不具合や、重大欠陥による原価流出がほとんどない
  • 業者に対して品質指導、品質評価ができる
  • お施主様や、見学者に適正な品質管理、当社の家づくりが説明できる

■お客様へのサービスができる人(最も重要)

(紹介獲得)

  • お客様のために一生懸命サービス(お世話・奉仕)できる
  • 引渡した8割以上のお客様に満足して頂いている(お客様からの不満はゼロ)
  • 入居後、お客様に満足して頂けるアフターサービスができる

■近隣配慮ができる人

  • 着工時・上棟時・完成時の挨拶
  • 近隣に配慮した現場ができている
  • 職人教育(マナー)ができている
  • 近隣住民から“すごいね”と言われる現場を作っている

一流の現場監督とは、会社に利益をもたらす人材!

一流、地域NO1建築会社利益の為に実行中の推薦者様の声はこちら!